共鳴し合う二人のゲイと女性。人間の「尊厳」について描く「The Pride」が7月に11年ぶりの日本上演!

イギリスの劇作家アレクシ・ケイ・キャンベルによって2008年に書かれた作品『The Pride』。ローレンス・オリヴィエ賞など数々の賞を受賞した傑作が2022年7月23日(土)〜31日(日)に赤坂RED/THEATERにて上演が決定。

PLAY/GROUND Creationの井上裕朗の演出の元、魅力的な8名の俳優陣とともに現代に生きる我々自身と我々を取り巻く社会や時代を見つめる作品となっている。

ーー僕が間違っていると世界じゅうが告げるなら、世界が正しいに決まってる。そう信じてた。

舞台はロンドン、1958年と2008年の二つの時代を行き来しながら物語が展開。それぞれの時代には、二人のゲイの男性と、彼らに深い関わりをもつ一人の女性が登場。彼らは同じ名前を持つが、それぞれの時代でまったくの別人として描かれる。

それぞれの時代や社会が作り上げた巨大な障壁を前に、彼らは自分自身を知ろうと努力し、自分に正直に生きたいと願う。目の前にいる人と深く関わりたい、繋がりたいと望み……。
二つの時代が交互に描かれることにより、それぞれの時代で彼らはどう社会と繋がっているのか、そして自分より前に生きた人々から何を受け継いでいるのか、が浮き彫りになっていくーー。

1958年では自らのセクシュアリティをひた隠しにし苦しむ登場人物が描かれ、2008年ではセクシュアリティをオープンに出来ているけれども幸せになりきれない2人が描かれる。
作家のアレクシ・ケイ・キャンベル自身もオープンリーゲイであったことから、真正面からゲイというテーマを描いた素晴らしい戯曲の上演となっている。

今回の上演に際し、ディレクターを務める井上裕朗さんは、以下の通りコメント。

『The Pride』はTPTの製作により2011年に日本でも上演されています。その上演準備の際、翻訳初稿を読む機会があり、僕はこの作品と出会いました。

二つの時代を行き来しながら進む物語の中で、時代を超えて精神が共鳴し合う三人のキャラクター。二人のゲイの男性オリヴァーとフィリップ、彼らと深い関わりをもつ女性シルヴィアが登場し、物語が進むにつれ二つの時代が溶け合っていきます。
人間の「尊厳」について力強く訴えかけてくる作品であると同時に、とても魅力的なラブストーリーでもあります。最初にこの戯曲を読んだときに感じた興奮をいまだにはっきりと覚えています。

今回の公演に集まってくれたメンバーたちと共にこの戯曲を深掘りし、登場人物たちの生き様に思いを馳せ、ひいては2022年に生きる我々の現在を見つめ直す作品にできればと思っています。

■PLAY/GROUND Creation #3The Pride
会期|2022年7月23日(土)〜31日(日)
場所|赤坂RED/THEATER(東京都港区赤坂3-10-9  赤坂グランベルホテルB2F)
料金|一般:7000円/U-24:3500円/プレミアチケット:10000円
https://www.next.playground-creation.com/

記事制作/newTOKYO