パワハラ、セクハラ、差別。女性にとっての恐怖を描く、新感覚フェミニスト・スリラー映画「ロイヤルホテル」が7月26日(金)公開。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテルの場面写真

オーストラリアの荒れ果てた田舎にひっそりと佇む、ロイヤルホテルという名の寂れたパブを舞台に、女性の悪夢を描く新感覚フェミニスト・スリラー『ロイヤルホテル』が、7月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開がスタートする。

本作は2016年に『HotelCoolgardie』(原題)としてドキュメンタリー映画化されたオーストラリア西部に実在する店をモデルとして制作された。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテルのハンナ

ーーロイヤルホテルという名のパブ。そこでのアルバイトは恐怖の連続だった。

ハンナ(ジュリア・ガーナー)とリブ(ジェシカ・ヘンウィック)の親友2人。

旅行で訪れたオーストラリアでお金に困り、荒れ果てた田舎にある古いパブ「ロイヤルホテル」に滞在し、バーテンダーとしてワーキング・ホリデーをすることに。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテルの客

単なる接客バイトかと思いきや、彼女たちを待ち受けていたのは、飲んだくれの店長や荒々しい客たちが起こすパワハラやセクハラ、女性差別の連続だった。

楽観的なリブは次第に店に溶け込んでいくが、真面目なハンナは孤立し精神的に追い込まれ、2人の友情は徐々に崩壊していく……。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテル

ーー「挑発的なラストに議論が巻き起きるようにしたかった」。女性の決意を示す、新時代のエンディング。

フィンランドの女性バックパッカー2人が住み込みで働く中でハラスメントを受ける様を記録したドキュメンタリーだが、キティ・グリーン監督は審査員を務めたある映画祭でこの映画を目にしてインスピレーションを受けた。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテルの主演

『アシスタント』(19)の主演ジュリア・ガーナーや制作スタッフと再びタッグを組んで作り上げた長編劇映画の第2弾。グリーン監督は「前作『アシスタント』は腐ったシステムを受け入れざるを得ない環境がテーマでした。

今回の作品は、最後の瞬間にもっと視点を入れたかったのです。そのような行動をすべて提示し、受け入れられないというメッセージを伝えています」と語る。

フェミニストでスリラーな映画のロイヤルホテルのポスター

◆ロイヤルホテル
https://unpfilm.com/royalhotel/
公開日:7月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本:キティ・グリーン『アシスタント』  脚本:オスカー・レディング  プロデューサー:リズ・ワッツ、エミール・シャーマン、イアン・カニング  撮影:マイケル・レイサム『アシスタント』  作曲:ジェド・パーマー『アップグレード』  出演:ジュリア・ガーナー『アシスタント』、ジェシカ・ヘンウィック『マトリックス レザレクションズ』、ヒューゴ・ウィーヴィング『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、トビー・ウォレス『ベイビーティース』、ハーバート・ノードラム『わたしは最悪。』© 2022 Hanna and Liv Holdings Pty. Ltd., Screen Australia, and Create NSW

画像提供・配給/unplugged
記事制作/newTOKYO

あわせて読みたい!

【7/12(金)から開催】ディーゼルとトム・オブ・フィンランドのコラボレーション「FORTY YEARS OF PRIDE」展

DIESEL ART GALLERYにて2024年7月12日(金)から8月14日(水)まで、トム・オブ・フィンランド財団による「FORTY YEARS OF PRIDE」展が開催される。トム・オブ・フィンランド財団の設立40周年を祝し、トムの象徴的な作品の展示に加えて、VR作品「TOM House the VR Experience」も日本初披露。 合わせて「FORTY YEARS OF PRID… もっと読む »

続きを読む >