セクシュアリティとかジェンダーとか全く問題にならないって最高!映画「シアター・キャンプ」で大爆笑しちゃって!!

映画ライターのよしひろまさみちの映画レビュー

映画ライターのよしひろまさみちが、
今だからこそ観て欲しい映画をご紹介するコラム

「まくのうちぃシネマ」第49回目

ブロードウェイ・ミュージカルをお好きな方、もしくは2021年の『ディア・エヴァン・ハンセン』っていうミュージカル映画をご覧になった方には説明不要のベン・プラット。ご存知ない方は、オープンリーゲイで大活躍する俳優・プロデューサーってことで覚えておいてね。

ちなみに彼が両親にカミングアウトしたときのエピソードはこちら(https://front-row.jp/_ct/17399376)。また、彼が演じたオリジナル舞台版『ディア・エヴァン・ハンセン』で主人公エヴァン役を2017年にバトンタッチしたノア・ガルヴィンと昨秋婚約しました♥︎ その模様は本人のインスタグラムをチェックしてみて!(https://www.instagram.com/p/ClYvnBIO3Rt

よしひろまさみちの「シアター・キャンプ」の映画レビュー

……と、前置き長くなりましたが、今回は彼らが脚本を手掛け、出演している新作『シアター・キャンプ』をご紹介。内容は予告映像でチェックして。要は子どもたちの演劇サマーキャンプが、大人の都合で破産の危機に陥り、「今夏の発表会を成功させないとヤベー!」というハチャメチャコメディです。

このドタバタ劇は当然面白いんだけど(特に「おま、それ言う?」と常にツッコミたくなるジョン・タトロ演じるトロイね)、なんせセクシュアリティとかジェンダーとか全く問題にならないサマーキャンプのあり方が最高。講師の面々は当たり前のようにゲイかトランスジェンダーかノンバイナリーだし、子どもたちだってそう。こういう合宿が小さいころからあると、教育はだいぶ違うよね……ということを思い知らされました。

よしひろまさみちの「シアター・キャンプ」の映画レビュー

あ、ちなみに、9月に行われたトロント国際映画祭でドキュメンタリー観客賞2位をとった「Summer Qamp」という映画が、この作品を補足するかのごとく、リアルな性的マイノリティユースのサマーキャンプ(演劇じゃないけど)密着ものでした。これ、どっか日本の会社買って〜〜!

シアター・キャンプ
ストーリー/人気演劇スクールで、開校目前に校長が昏睡状態に。演劇に関心ゼロな息子が継ぐが、実は経営破綻寸前。存続のため、新作ミュージカル発表に残された時間は3週間。変人揃いの教師と子どもたちは完成できるのか……?
https://www.searchlightpictures.jp/movies/theatercamp

監督:モリー・ゴードン、ニック・リーバーマン
出演:ベン・プラット、モリー・ゴードン、ジミー・タトロ、ノア・ガルヴィン ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開:10月6日より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー中

文/よしひろまさみち Twitter@hannysroom
イラスト/野原くろ Twitter@nohara96